FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ラーマーヤナ物語

インドの古代叙事詩、ラーマーヤナ物語の主役は、
ラーマ王子とシータ姫

5月のAyu Laksmiのパフォーマンス、
ラーマーヤナ物語を使おうと相談中...
ハヌマンという白い猿と、海、そして女性達の祈りがコンセプト。
国際会議が開かれるホテルの大コンベンションルームが舞台です。



お姫様と王子様に扮した Shilla & Dibal です。

お姫様のShillaはグラフィックデザイナー、
3.11のポスターを作ってくれました。

E-FLYER-OK#


王子様のDibalフォトグラファーであり、
Ayu Laksmiパフォーマンス・アートデイレクター
3.11のパフォーマンスから始めました。

Ayu Laksmiの大家族・ファミリーの一員です。
以前から、Ayuの写真を撮り続けている人でもあります。

二人はジャカルタで出会いバリバリ仕事をしていたのですが、
拠点をバリに移しました。
二番目の子供を無事出産し、
ジャカルタよりもクリエイテイブな仕事ができる面白いバリで、
もうすこし仕事の領域を広めたいと
Ayu Laksmiの パフォーマンス企画会社 Dadisiki Pro Bali
ジョインすることになりました。

ideseni blog2

Shillのロゴ、ウエブ、グラフィックデザインは、
アジアの伝統をいい感じでちりばめつつ、
しっかりモダンにまとめる絶妙のセンスを持った人です。

そして、コンセプトを掴んで決してぶれない写真を撮るDibal.

そんな二人の作った、新しいプロモーション用デザインをご紹介します。

ideseni blog1jpg

彼らの作ってきた作品の一部...

ideseni blog3

彼らのウエブサイト
http://www.ideseni.com/


さあ、これからが楽しみです。


サヌールタラ



Bunda Ana...Bunda Semesta

Bunda Semesta AnaAyu-kecil

Anaはバリ島で服を作ってアメリカ、オーストラリアに輸出しています。
アメリカ人のご主人と出会い、マイナスから始めたビジネスは、
現在従業員を300名以上かかえる企業になりました。
419921_10150707129626000_715195999_12432618_1053721326_a.jpg


バリ島の西部ヌガラの出身、若い頃から努力家。
そして美しく、心ときめくものが大好きです。

ビジネスで得たお金を、アーテイストの為に
また、仕事のない女性達の職業トレーニング、
子供達の情操教育プログラムを考えて、実行しています。

その活動をAyu LaksmiやCok Sawitriと
具体的にして行こうとBunda Semestaという
アソシエーションを立ち上げました。

BUNDAとはムラユ語(マレー語の古語)で母の意味です。
コンセプトは母性愛
無償の愛...
菩提心...Boddhi satva


Ayu Laksmiのパフォーマンスを一緒に演じます。

401352_355408774475950_100000204909839_1606230_1903690732_a.jpg

なにより大好きは、タンゴ!
見事です♪

311720_252437488120867_100000638521513_842434_6718454_a.jpg

Bravo Bunda Ana

サヌールタラ


Al Ma 女性フォトグラファー

バリには沢山のフォトグラファーがいます。
パフォーマンスの会場で撮影する彼らと知り合い、
facebookで写真をリンクしてもらいます。

タラの一押し Al Ma

以前にもブログに使った写真ですが、タラはこの写真にグットきました。

ファインダーから観ているだけじゃない 
読んでいる...

BC-yakusoku1.jpg

facebookに、ある日この写真がリンクされ=>オッ!
パワフル系女性なんだ♪
Alma-maji_20120126030320.jpg
腕にTATO...背も高いし,腕力もありそう^^
・・・おもしろそうだ

人のふっと動く心を1枚の写真にしちゃう。
二次元の写真なのに奥行きがある。
だからできた写真はなにか語りかけてくる感覚

フォトグラファーの1枚の写真は
実に正直だと思います。
その瞬間、彼らが対象にどんな想いを抱きシャッターを押していたか、
どんだけ惚れているか、
被写体もまるまる正直な瞬間を捕まえられちゃう。
ガチンコ勝負!
この部分のOn Off
それを感じ取るフォトグラファーの感性

ギタリストRiwinの写真
Alma-riwn2_20120126030318.jpg

Alma-riwn_20120126030319.jpg

仲間のフォトグラファー男達
なんとも彼らの表情です。
Alma-orang2_20120126030319.jpg


以前リンクしてくれた海の写真
Al-ma umi3

最近撮影した夜の海
Alma-umi2.jpg

Alma-umi1_20120126031439.jpg

なんて素敵だ・・・

その彼女から週末のお誘いをいただきました。
ロックが好き・・・
Alma-party.jpg

・・・タラはちょっと苦手。
でもAl Maと会って話してみたい
(まあ間違いなく語れない場だと思いますが
事務所に遊びにおいでよとAyu Laksmiのメッセージ
届けなければなりません!
これは仕事だ!
ということで、この手の音楽が大好きなNugah君と週末ロックすることになりました。

・・・でさ、
前から気になっていたんだけどロック少年がなんでAyu Laksmiなの?
そうか・・・彼は本能的に感じているんだ。
Ayu Laksmiはロッカーだってことを・・・

DSC00026.jpg

そしてAl Maも・・・
ちょっと週末が楽しみになってきたゾ♪



サヌールタラ






Facebook つながる

FB(Facebook)は、Ayu Laksmiに教えてもらって始めました。
なんだかよくわからないな・・・日本のミクシーも使いこなせなかったタラ。
ふ〜ん・・・

images-3_20111226220158.jpg
2009年3月ジャカルタのJava Jazzに行ったら会う人会う人みんなFacebook!
合い言葉です。
なるほど・・・これで繋がっていくんだ。

インドネシアはパソコンよりも携帯電話の普及率がものすごく高く、
世界第2位のFB人口41,774,960人/2011年12月26日現在)
ちなみに日本は6,266,440人(同日)
ほとんどが携帯でFBしています。

*タラはノートパソコン^^

images-3_20111226194101.jpg


友達を捜すという機能を使いたどりついた
フェイスブック新潟県人会サイト(タラの産地は新潟県)
おお懐かしい風景、食べ物(新潟納豆、三色だんごなど)の写真とコメント読みながら
ぽち・ぽちと友達を増やしていきました。
images-2_20111226194101.jpg
とたんに、情報量がグ〜ンと増えて濃くなりました。
何より→た・の・し・い
友が友につながっていきます。
FB友達フェイスブック新潟県人会に感謝!
niigatakenjin@groups.facebook.com

朝、起きてパソコンを立ち上げたら
FB友からインフォ!
【止まったタクト~「1万人の第九」で起きた、前代未聞の“奇跡”】
オッ!この番組今日じゃん
images-4_20111226194100.jpg

*バリでもインターネットTVで日本の放送がリアルタイムで見れちゃいます。

番組を紹介する毎日放送の榛葉健さんのFBノートを読みます。
index_20111226194239.jpg
ううううううう涙がこぼれて止まりません。
クッ シェアだ!

この放映時間は事務所です。
今夜は大事なパフォーマンスもあり、事務所はざわつきます。
整理整頓して、アポをこの時間はずしたにもかかわらず
たら〜!とでかい声で入ってくる人がいる。
ちょっとごめん日本と大事な・・・オオソーリーやと退散。

あーすばらしい番組でした。

その後、毎日放送の榛葉さんのFBは続々とコメントが入り続け、
榛葉さんは丁寧にお答えされています。

ここんとこ、マスコミの報道に???って感じだったので
(福島原発報道アレコレ)
硬派+思いやることの出来る人がきちんと現場を見てるんだってことに
またしても感動

そしてクリスマスの日事務所でミーテング資料作っていたら、
FB友がTVをこれから見ると書いてあり
【クリスマスの約束2011】
ワー面白そうとクリック・・・
images-7_20111226194100.jpg
FB友が集結し番組見ながら、ああだこうだとなり
とても楽しいクリスマスとなりました。

で,なんとこの番組も榛葉さんがFBで紹介していたってことで

FBって面白い

榛葉さんのサイトを読んで、色んなことを知りました。
ありがとうございます。


平和をテーマに活動するソプラノ歌手の 下垣真希さんともつながりました。
images-8_20111226194240.jpg




ブラボーFacebook!つ・な・が・る
images-1_20111226194102.jpg

サヌールタラ












バリ島物語

バリ島とNY・・・
第一次世界大戦が終わり、1929年に始まった世界大恐慌の嵐が吹き荒れる時代
バリ島に魅了されたアーテイスト達がいた。

チャーリーチャップリン


メキシコ人アーテイスト、ミゲル・コビアスは妻のローズとともに
グレゴール・クラウゼの写真集「バリ」を見て1930年に初めてバリを訪れる。
そして1933年再びバリに戻り
バリ人の暮らしと文化の鳥瞰図を示そうと1936年「バリ島」を出版。
images-3_20111217153910.jpg


images-9_20111217153909.jpg

1932年NYではバリ島のドキュメンタリー映画“GOONA GOONA"が上映された。
*この映画はWalter Spiesが撮影、監督など実務を行っている。




NYでバリ島の大ブームがおきた。

images-2_20111217155406.jpg

ヴィッキー・バウムは1932年オーストラリアからアメリカに移住。
1929年の著作「ホテルの人びと」を自ら戯曲化し舞台化する。
そして1932年 ハリウッド映画 “Grand Hotel" が作られ大ヒットした。



ヴィッキーは"Grand Hotel"映画大成功の後、
1935年ミゲルコバルビアスのWalter Spieseへの紹介状を持ってバリへ向かった。
そして、バドゥン王国での対オランダ戦争とププタンを描いた「バリ島物語」を出版する。



これはまだ映画化されてはいない・・・


サヌールタラ




<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。