スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

チャリテー”I'm An Angel"

“I'm An Angel”は、
子供達の教育支援を
バリに住む外国人富裕層に働きかけ
ともに考え取り組むというプログラムを
10年以上行ってきた団体です。

毎年開催される報告会をかねた
チャリテーパーテイは
スミニャックのKu De Taで盛大に行われました。




インドネシアにはゴトンヨロンという
村落共同体内の助け合いが昔からあリます。
農耕民族ですから、
田んぼの仕事から冠婚葬祭まで
すべて隣近所が助け合って生きています。

ちゃーんと役割分担ができていて
事がおきれば、皆で準備を始めます。
お供物、ご飯、お菓子、敷物のござ、椅子
ガムラン奏者、踊り手の準備からはじまり
年期の入ったスピーカーやマイクなどが用意され、
皆でそれを楽しみます。

Ku De Ta
バリの最先端を演出しようと
各種パーテイ仕切りを生業にする
外国人によってスマートに進められました。
サウンドシステム、照明、装飾、
お食事、飲み物、ゲストも
みんなシャレています。

その様子を
出演者であるバリの村人達は
キラキラの照明越しにまぶしそうに観ています。

MCのアナウンスが入り

さあ、出番です!
全員そろうリハは当日のみ、
ほぼぶっつけ本番は当たり前、
だからこそ最高の集中力&パフォーマンス

想定外はあたりまえ、
予定通りにはいかない
すべてひっくるめて
演奏者達と、
見る人たちと、
その場のすべてとともに
一回生起のパフォーマンスに集中します。
その時を味わい楽しみます。

YoutubeにUpload



仕切りの中心はCok Sawitri
舞台の中心はAyu Laksmi...

Ayu Laksmiは
自分のパフォーマンスをシュミレーションして
試し、修正し、積み上げていく人です。

Cokは
ぶっつけ本番のその瞬間に宿る力を信じ
大事にしてきましたが
ここ数回のパフォーマンスで
スタミナ切れを感じている様子。
声は太く歩き方も大股ですが、
ものすごく繊細なもろいところがあります。

988543_677135892311803_1780692164_n.jpg


大事はやはり
バランスとハーモニー

さあ、次はMade's Warung

詳細決まったらお知らせします。

サヌールタラ





Ayu Laksmi

Ayu Laksmiです。

052513−12

昨年は映画音楽(独立戦争の英雄ングラライ将軍)と
自らのアルバム用の楽曲制作に集中し、
パフォーマンスはジョクジャカルタやソロなど
バリ島以外が多かったAyu Laksmiです。

久しぶりにバンドSvara Semestaのメンバーと
気持ちの良い野外でパフォーマンス。
052513-4.jpg

052513-5.jpg

052513-2.jpg

052513-1.jpg

リハーサルの様子です。
052513−9

最初の曲‘Maha Asa"のコレオグラファーは
Cok Sawitri.
052513-6.jpg
となりの男性はウブドでJazz Cafe とBuddha barを経営するMr.Agung

AyuとCOkは同世代、
44年前、バリ島の東カランガッセムにCokが、
北のシンガラジャにAyuが生まれました。

子供の頃から歌っていたAyu,
ジャーナリストから作家になり
舞台を創るCok.

この二人が創るパフォーマンス、
丁寧に創ったら
マドンナやマイケルジャクソンのような
ワールドツアーがができると
タラは思っています^^
052513-8.jpg

次回パフォーマンスは6月15日、
スミニャックのクーデターレストラン。
昨年に引き続く、子供達支援NGOのプログラムです。

Cokはこの構想創りに入りました。
Ayuは29日から10日間ドイツへ。
そして映画の撮影と続きます。
052513−10

バリ島に住み、
彼女たちと出会い
楽しみはつきません。

サヌールタラ

Jasmine OKUBO 大久保みれき

2009年3月ジャカルタのホテルで
Java JAZZの演奏を終えた翌日
Ayu Laksmi の部屋でお喋りしていたら
携帯が鳴った。

バリに住む知人から、
会ってほしい人がいるんだけど。

Jas k

バリに戻り電話をして会うことになった。
ウブドの家にご両親も一緒だからというので出かけた。

何故踊るの?

jas-k-4.jpg

この世界はお金や物だけでなく、もっと大事なものが
あることを伝えたい、子供達にも...
Jasmineは話してくれた。

それはとても正しいことですばらしいことだ。
でも私の中でスコンと落ちていかなくて
小さな玉のように固まって残った。

それから色んなことがあった。

2012年3月11日、Ayu Laksmmiが
日本の大地震の追悼祈念コンサートをやると決めて
バリに住むアーテイスト達に声をかけた。
Jasmineも踊ってくれた。
最後にふるさとの歌を城田総領事と歌った。
子供のころからJasmineを知っている城田総領事。

このコンサートのテーマの話をした。
Satukan Cinta untuk Dunia
for United of LOVE
慈しみと愛の世界へ


今年の1月8日
Jasmineのお父さんが突然亡くなった。

人は魂の願いを抱き、望み生まれる。
としたら
お父さんは何を願っていたのだろう。

そしてJasmine、あなたは...

心の奥にあるだれもが抱く光、
そこにつながり響きあえること、
誘うこと...
言葉、文化、宗教を超えて共感し共鳴すること、
アートの力。

嗚呼これだったんだ。
Jasmine はこの為に踊りたいのだ。

Satukan Cinta untuk Dunia
for United of LOVE
慈しみと愛の世界へ


私にできることは何だろう。
まずは貴女の踊ってきた映像を
整理しながら見てみよう。

Jas k-2

一つ一つだねJasmine。
サヌールタラ





まことの花をさかせましょう♪ イブ ブラン

Ibu Bulan Trisna Djelantik

532847_10150801079938603_1153084503_n_20120709213046.jpg

イブ ブランは1年半前再婚
・・・年齢ですか? 
65〜70歳の間だそうですW
もちろんお孫さんもいます。

2008年インドネシア映画が
東京国際映画際のコンペテイションにでて、
Ayu Laksmiが
主演女優賞にノミネートされたと聞き
バリの映画館に見に行きました。

20081022-20081022-DSC_0027_20120709213419.jpg

イブブランは女医の役で、若かりし頃、
インドネシアの文化使節として
世界各地でかける大統領に同行し
踊ったという設定ですが事実です。

2121_45364223602_3213_n.jpg

懐かしく当時を振り返るシーンでは、
昭和天皇とご一緒のお写真が映し出されました。



それから時が流れ。。。
2011年のアートフェステイバル。
Cok Sawitiriが演出したAyu Laksmiのパフォーマンスで
バリ舞踊のレゴンダンスをベース創作舞踊を踊られました。
その見事な踊りに魅了されました。

Cokの母方の親族であり、
カランガッサム王家の出身、
世が世ならお姫様・・・
まあそうなるとCokも姫となりますが・・・

踊り手として活躍後、
医学を学び医師として働き
今はバリ島サヌールで再婚して暮らしておられるとのこと。

2121_45363913602_6640_n.jpg

フーかっこいい

7月7日、
3人の女性舞踊家が踊ることになり、
初めて間近で踊りの稽古、本番の舞踊を拝見し、
色々お話を聞くことができました。

553970_10151902268740052_90541234_n_20120709213044.jpg

踊りはね、私にとってoxygen オキシゲン。
えっ、酸素ですか。
さすがお医者さんです。

仮面を使うのは大きな動きではなく
静かで深みのある踊りができるように思えて好きなの

すでにある踊りではなくてね、
こういうふうに創作するのがわくわくする。

544591_3410503185202_1774835930_n.jpg

作家 Cok がいて,
Dayu Aniというもう一人の踊り手がいる。
電話でこのストーリーを聞いてね
お面をみながら考えて、
身体をすこしこうして動かしてね、
そうすると全体が見えてくる

399546_10151902275175052_108199373_n.jpg
548038_10151902270970052_1586849562_n.jpg

それをまた話してね、
あの最後の山はね。
私が彼女にこうしたらどうかって話したのよ。
ふふふ

603382_10151902279730052_1442646189_n.jpg

美しくてかっこいい。
これぞ世阿弥の”まことの花”

衣装を着替えて、
ちょっとスタッフと雑談して
さっそうと車を運転してご主人様と暮らす家にお帰りになられました。

おつかれさまです!

嗚呼
また見たい、イブブランの踊り。

サヌールタラ






大久保みれき=Jasmine

Jasmine Okubo



大久保夫妻は世界を旅し、
Jasmineの命をチベットで授かった。
家族は太った女性が沢山住むところで出産すると決め、
トルコの村でJasmineは生まれた。

家族はその後も世界を旅した。
Jasmineは3才で見たバリ舞踊が忘れられず
7才からウブドでバリ舞踊を習い始める。

Resize of IMG_1539


デンパサール国立芸術大学でバリ舞踊や
インドネシア各地の踊り、コンテンポラリーダンスを学ぶ。

2006年インドネシアで人気のオーデション番組
“PenariIndonesia"で第二位となる。
*課題の創作ダンスはNo.1の評価

その後、インドネシア各地、アジア各地の
アートフェステイバルやイベント、
アジア各国で行われる各種国際大会の
開会式と閉会式のダンス振り付けに参画。
忙しくアジアを飛び回っている。


彼女の家はウブド、田圃の中の一軒家!
四方から吹き込む風が気持ちよい、
刈り入れがちかづき稲の匂いが甘くなるように、
ここでたっぷり充電したJasmneは
心ときめくすてきなパフォーマンスを見せてくれるのだ。

パソコンの中にJasmineの写真、
ちょっと懐かしく見ながらUPします。
コメント書いていたらきりがないので省略(笑)

◎ウブドライターズリーダーズフェステイバルの練習 Cok Sawitri脚本、振り付けDayuAni.
Resize of IMG_1363

◎ウブドライターズリーダーズフェステイバル本番...この後Jasmineは気絶し聖水を頂いて復活。
560182_10150654113249227_586739226_9416889_2029617388_n.jpg

◎カランガッサムのブタクリン村の祭事で踊る。
IMG_1677.jpg

◎JAVA JAZZに出演するAyu Laksmiとジャカルタ空港到着!
IMG_1788.jpg

◎JAVA JAZZの演奏を終えバックヤードで記念撮影♪
24984_362143203813_746738813_3510917_1828547_n.jpg

◎3.11祈念イベントでAyu Laksmi,城田総領事と”ふるさと”を歌う。
DSC_0043.jpg


5月24日のAPMFのオープニングもAyu Laksmiの歌で
振り付けと踊りを踊ってくれました。

次回は...COK Sawitiriのイベント7月7日だね

楽しみにしています。







<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。