FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Om Mani Padme Hum 観自在菩薩(観音菩薩)



2011年6月バリ・アート・フェステバル
Ayu Laksmiのパフォーマンス
総合演出:Cok Sawitri
コレオグラファー:Dayu Ani
バリのイソップ物語 Tantri
からお猿さんのお話を使い、
CDアルバム Svara Semestaの11曲の中から
4曲で構成された音楽劇スタイルで行われました。

Dayu Aniにバリ舞踊を習っている子ども達
森の小猿になって踊っています。

ちなみにDayu Aniは大猿で、
最後にAyu Laksmiに
ごろ〜んとハグされます。

Cok Sawitriは、小猿隊の隊長で途中ピョンと登場していますが
はねてが見えるだけ(笑)。

この音楽劇の最後の曲として歌われました。


Om Mani Padme Hum
ダライ・ラマ法王日本代表事務所ウエブサイトから抜粋・引用
「オム・マニ・ペメ・フム」(Om・Mani・ Pedme・Hum)は、
チベット仏教徒によって最もよく唱えられている真言(マントラ)である。
慈悲の化身である観音菩薩のこの真言を唱える ことによって、
悪業から逃れ、徳を積み、苦しみの海から出て、悟りを開く助けになる。
真言は他の言語に翻訳することが難しく、この質問に対して明確な答えを出すことは難しい。
オム・マ・ニ・ペ・メ・フムという六つの真言(Six-syllable mantra)で構成されている。
ダライ・ラマによると、これら六つの真言は、私たちの不浄な身体・言葉・思考を、
完全に統一された秩序と知恵の教えの道 に導くことにより、
仏陀になれるということを意味しているとのことだ。


Ayu Laksmiは、友人の写真家Rio Helmiから
彼の信仰するチベット仏教のこのマントラの話を聞いて、
その夜この曲を創ったそうです。
観世音菩薩の真言(マントラ)
日本仏教で最も短いお経として宗派を超えて祈られる
般若心経の冒頭、
♪観自在菩薩〜♪と呼びかけて始まります。
おなじ観音様じゃないですか^^

観音様は、
宇宙即我の境地に到達していて、
全人類は皆兄弟姉妹であると悟っていて、
慈悲と愛の塊りで、
一切の執着から離れていて、
神の心を人々に伝て、
人々を苦しみから解脱させる使命を持っていらっしゃる。

その観音様のマントラが
Om Mani Padme hum~♪

これは素敵だ!

この歌のときは一緒に歌っております♪

サヌールタラ




関連記事
スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。