FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

バリ島物語

バリ島とNY・・・
第一次世界大戦が終わり、1929年に始まった世界大恐慌の嵐が吹き荒れる時代
バリ島に魅了されたアーテイスト達がいた。

チャーリーチャップリン


メキシコ人アーテイスト、ミゲル・コビアスは妻のローズとともに
グレゴール・クラウゼの写真集「バリ」を見て1930年に初めてバリを訪れる。
そして1933年再びバリに戻り
バリ人の暮らしと文化の鳥瞰図を示そうと1936年「バリ島」を出版。
images-3_20111217153910.jpg


images-9_20111217153909.jpg

1932年NYではバリ島のドキュメンタリー映画“GOONA GOONA"が上映された。
*この映画はWalter Spiesが撮影、監督など実務を行っている。




NYでバリ島の大ブームがおきた。

images-2_20111217155406.jpg

ヴィッキー・バウムは1932年オーストラリアからアメリカに移住。
1929年の著作「ホテルの人びと」を自ら戯曲化し舞台化する。
そして1932年 ハリウッド映画 “Grand Hotel" が作られ大ヒットした。



ヴィッキーは"Grand Hotel"映画大成功の後、
1935年ミゲルコバルビアスのWalter Spieseへの紹介状を持ってバリへ向かった。
そして、バドゥン王国での対オランダ戦争とププタンを描いた「バリ島物語」を出版する。



これはまだ映画化されてはいない・・・


サヌールタラ




<<前のページ | ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。