スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Svara Semesta

ayu-3

Ayu LaksmiSvara Semesta プロジェクト。

Svara Semestaとは...サンスクリット語源のインドネシア語。

Svaraは音、音は音でも真実、聖なる音という意味ということでしょうか。

実は日本人になじみの深い般若心経にもある言葉です。
最後の盛り上がり、
”ギャーテイー ギャーテイー ハラギャーソーギャーテー ボージーソワーカー

Semestaとは宇宙、ユニバース、Alam_Semesta=宇宙、観測可能な宇宙の外というイメージです。

日本語にすると、適切な言葉はなんでしょう。

自分の中に宇宙がある、内在する智慧・真実・神と考えてごらん・・・と
Cok Sawitriに教えてもらいました。

なるほど・・・
感覚的に、全体的に捕らえて

タラは言霊と解しています。



写真は、ランダと一緒に座るAyu Laksmiです。

向かって左はCok Sawitri, 右はDayuAni.

2010年ジャカルタでSvara Semestaの舞台写真の一こまです。

ランダ、バリ観光のバロンダンスに登場するあのランダです。

Svara Semestaです。

Ayu Laksmiは、
自分の願い、実現したいことに向かって
何をどう創るかを探しつつ、確信しつつも迷い試し、
前にすすんでいるように見えます。

今年の7月3日、バリアートフェステイバルで行われた公演は
総合プロデユーサーをきっちりCok Sawitriが勤め、
踊りの振り付けはDayuAni。
Ayu LaksmiのSvara Semestaバンドの演奏もバッチリからみました。
演奏、踊り、それぞれのバランスと調和がスコッとはまりました。


公演後、Bali TV(バリローカル局ですが、インドネシア都市部でも放映)で
毎日のように放映していたそうです。

今度はいつやるのかな?

Cok
やるなら、練習は絶対しないといけない。
しかし舞台は狭かった。
バリで良い舞台があるか私は知らない!

タラ
バリサファリのアグンシアターは
広くて照明、音響もいいですよ。

・・・

・・・

先立つもの、
スポンサー・・・

オランスニマン(アーテイスト)は
日々の飯はどうにか食えるし、タバコも買える、
レッドワインも時々飲めるが
しかし・・・金がない・・・

ayu-2


この公演は良いよ、すごく良いよ、
外国で演じたら、一大センセーションを巻き起こすよ。

東京なら第二国立劇場、サントリーホールもいいな。
ウイーンのブルグ劇場・・・
NYは・・・

と・・・Ayu Laksimi不在のまま
Cokとの話は盛り上がりました。


Svara Semestaを沢山の人に見てもらいたいと願っています。


サヌールタラ







スポンサーサイト

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。