スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Cok Sawitri 2013年9月1日

Cok SaWitriは自分の誕生日のこの日
3冊の本の出版記念パーテイを開催しました。
場所は妹と自分の自宅の前の道路。
テントを張り、2.5mX4mの舞台に
8個の照明をつけました。

0901133.jpg
*All photography is Mr.Gogon Journey

1冊は英語で翻訳され
インデーズですが,ロサンゼルスで発売開始。
1冊は詩、1冊は物語。
facebookで紹介したらすでに購入希望が殺到しているそうです。

このイベントに
ひさしぶりに仲間が集いました

0901136.jpg
出産後、バジュラサンデイ歌舞団を率いながら
芸大・大学院に再入学し勉強と育児に取り組む
DAYU ANI.
この日もガムランとダンスのパフォーマンス。
斬新な演出に会場はいっとき静寂につつまれ,
その後大喝采でした♪


0901139.jpg
バリ人女性アーテイストのサポートをしながら
自らも踊る実業家 Ibu ANA
Ayu Laksmiとキドン・マリアを踊りました。

0901135.jpg
長くCOK を励まし支え、このプロジェクトを
献身的にサポートをしてきたAnisaは,アチェの大学教授。

0901131.jpg
今夏、ヨーロッパ演奏で手応えをつかみ
輝きをましてバリ島に戻ったAyu Laksmi.

0901137.jpg

パフォーマンスの最後は
子供達を舞台に誘い皆と一緒に
OM MAM PEDME HUMを歌いました。

0901138.jpg

満面の笑み COK SAWITRI


それぞれの魂の願いを抱き
ともに喜び
ともに悲しみ
懸命に生きる彼女達に
まことの華が咲いて見えました。


Gogon Journey 素敵な写真をありがとう。
サヌールタラ



スポンサーサイト

Cokの仕込み・Bali Creative

Bali Creative Festival
Openingの練習炎天下の中 Cok Sawitriの仕切りで行われました。
BC-Latihan3

大地が舞台
前日の練習よりもグンとイメージが膨らみます。
ステージから音響・照明のブースまで25mをフルに使います。
BC-Latihan4

練習が始まりました。
BC-Latihan2

5つの演劇グループ、子供達、Bumi Bajraは
がっつり一個の塊になっています。
BC-Latihan1

Ayu LaksmiCokの仕切りています。
BC-Latihan8

Ayuが入ってCokは全体の動きをまとめます
BC-Latihan5

練習終了
みんな、おつかれさま!
BC-Latihan6

*写真はバンドン出身のBonie Hermansyah Sudawani撮影


このあと、Ayuの事務所6Pointで休息。
衣装とメイク
車座になってお祈りをして、
Cokを先頭に裸足で会場に向かいました!


サヌールタラ

ウブド ライターズ&リーダーズ フェステイバル開催

uwrf2011

uwrf2011-2

ウブド ライターズ&リーダーズ フェステイバル(UWRS)
10月5日から9日までウブドで開催されます。

昨年から3年間スポンサー契約をしたCitiBank
大スキャンダル・横領問題で急遽スポンサーを降り、
すったもんだの資金繰りがあったようですが
無事開催となりました。
例年あるパフォーマンスも公式プログラムにはありません。
年々規模が大きくなったUWRF、主催者の苦労が偲ばれます。

今年は、世界27カ国から約140人の作家が参加します。

オーストラリア、インドネシア、アメリカ、
そしてエジプト、インド,トルコ、ウガンダ、キューバ、香港やマレーシアなど。

日本からは3名のお名前があります。
うろ覚えですが日本から参加って初めて?ここ数年はありませんでした。

下記ご紹介(*敬称略)

ご公演が楽しみです
*公演日時,場所はお名前をクリック

EIJI HAN SHIMIZU 世界10カ国語で漫画を出版、アニメを使ったアートカルチャーをプロデユース
uwrf-eiji

JEFF KINGTON 1987年から日本に住み3月11日の大震災の本“TSUNAMI”を出版。
uwrf-jeff

MARIKO NAGAI 日本文学の翻訳、詩、小説家
uwrf-mariko

Cok Sawitriは、今年はワークショップを開催します。
Cok1


サヌールタラ

CHANDRA BHERAWA...Cok SawitriとBumi Bajra




Pipa(琵琶)を弾くYing(中国雲南)

ウブドでライブハウス・ジャズバーとブッタバーを経営する
Gung Agungが共演。

Cok Sawitri演ずる CHANDRA BHERAWAの
音楽を奏でました。

Cok Sawitriの生声、聞いてください!


バリ・ヒンドウー・シワブッタ。

カースト最高位のお坊さんは2つの流れが今あります。

シワとブッタです。

シワが圧倒的に多く、ブッタは少数です。

今は2つですが、以前はもっとあり、

地域ごとつまり村単位でそれぞれの流派(?)があり、

祭礼の仕方にも違いがあったそうです。

現在は、シワの祭礼儀式が広がり、

儀式の供物や方法が華美になっているとCok Sawitriは言います。

地域性がうすれ、どこも同じようなスタイルになっていく。

ということで、Budakelingの祭礼でCokが演じたのは

この変化(均一化)に対して、本来のブッタ派
正しきことを語ります。

CHANDRA BHERAWAというバリの物語に登場する神は、
人々に近いところで働かれる神々の一人です。

フェンタスはこの後、DayuAniとCok Sawitriが創作した舞踊へつづきます。





クライマックスは、背景の影絵芝居のワヤンの白い幕を破ってDayuAniが登場します!
が、この撮影は雨のため失敗トホホ(涙)
ごめんなさい。


次回、DayuAniaはどんなコラボレーションを創るのかな???


サヌールタラ










Cok 照明仕込みその後2

携帯画面COKの文字


Cok5

Om Swastiastu~♪と声を高めに陽気にでると、

タラ〜とぼそぼそ

これから髪を洗う・・・

うんうん

でも、なんか面倒くさい・・・

うんうん

イブアリットが○○○(意味不明、イブアリットはCokのおばさんでCokの家に滞在中)・・・

うんうん

*これはあれだなあ〜

*ナーバスになっているな〜

自分のパフォーマンスではないですが、

照明プランを考えて、

意欲満々でヨっシャーなれない理由があるようです。


こころあたりは・・・恋愛・まずない!

好物のバビグリン(ブタの丸焼き)・・・食べたいと言って拒否された可能性あり!

だるい・・・そうだるいです。

身体?いいえあなたのです!

Cokはすべては己の心の現れであると日々発言しております。

が、そんなことは言えません。


隙間が大事です。
・・・・・
・・・・・

うんうん


何してるのと質問がまったくないのですが、

今ね、今までのフィルム見てYoutube用の編集しようと思ってね

ふ〜ん

つれない返事です。

お愛想も言えなくなっている。

携帯しながら操作していたパソコンからAyu Laksmiの音楽が流れ、

それを聞いたCok


すらマットくるジャや〜(お仕事がんばってね〜)


・・・と電話は終わりました。


本番前、機材の仕込みは終わったけれど、
自分をそこに高めて行くプロセスかな


バリはまだ乾期で雨の心配は無いし、

どーんといきましょう!

きっとすばらしいフェンタスになります。


DayuAniはタラ用に
一番絞りの上等なアラックを注文してくれたそうです。

ブラボー♪♪♪

さあさあ明日はカランガッサムだ!










| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。