スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

バリ人・女性アーテイスト

Ayu Laksmiの今夏ヨーロッパ公演を
サポートしたAryanaiはドイツから
お盆に合わせて子供達とバリ島に帰省しました。
*Ayu LaksmiとAryaniは2008年の映画"UnderThe Tree"でも共演しています。

これを機会に仲間があつまり
今年、帰天した二人の話となりました。
Nyoman Sura
Kadek Suardana
クニンガンは先祖の魂が帰って来る日本のお盆と同じもの、
この二人の魂はまちがいなく今バリ島に帰っているから
それでは二人のために何かやろうと急遽話がまとまりました。
決まれば早いバリ人アーテイスト

11月1日パフォーマンスと決まり
facebookを使って告知開始!



翌日のバリポスト(バリ島で最も発行部数の多い新聞)のTOPニュース!
1002013_10151750205814227_146682005_n のコピー

アート関係の新聞でも取り上げられました。
1012489_10202358934282775_808088724_n のコピー

パフォーマンスが終わると、
facebookに仲間たちが撮った写真が続々と投稿されます。
それを集めてスライドショーを作りました。
音楽はAyu Laksimiの Maha Asa(Big Dream)。



"Maha Asa"はNyoman Suraにインスピレーションを得て
Ayu Laksmiが作った曲です。
ですから彼が踊るパフォーマンスが最も深く印象に残っています。

Cok Sawitri
Ayu Laksmi
Aryani Willems
Dayu Ani


この島の多くの仲間達とともに....
インドネシアの,
そして世界中のアーテイストとともに...

バリ人として今世を望み生まれた魂達は
ここに集い、
それぞれのアートをクリエイトし続けながら、
己と関わるものすべての魂の浄化をしようとしているのではないかと...

まだまだ彼等のパフォーマンスは続きます。
次回はどんなことを企ててくれるのか...

楽しみのつきないバリ島、
そんな彼等の周りをホバーリングしています。

Matur suksma

サヌールタラ


スポンサーサイト

魂の帰天...コンテンポラリーダンサーNYOMAN SURA

2013年8月9日 
サキソフォン&フルート奏者のArdiansyahを見送って2日後,
インドネシアのコンテンポラリーダンスの巨星
Nyoman SURAが帰天しました。

2010年Java Jazzの後
サヌール・ヴィレッジ・フェステイバルで
Ayu Laksmiの Wirama Totaka を踊るSURAと
Ardiansyahのフルートです。



2003年の春バリ島テロから半年後
スアールアグン(ジェゴグ)のデンパサール・スタジオで
初めてバリ島のコンテンポラリーダンスを見ました。
Suraはデンパサール芸術大学の学生でした。

2009年
防音の効いた音楽スタジオで再会。
Ayu Laksmi&Tropical Transitと
Java Jazzで2曲踊ることになり
一緒にジャカルタへ!
あれは,もう最高のパフォーマンスでした。
演奏終了後、Java Jazuの会場は総立ちになりましたね。



Ayu Laksmiとのコラボレーションはそれからも続きました。
リハなしの本番、多忙なSURAは開演ぎりぎりで
空港から駆けつける事が何度もありましたね。
しかしAyu Laksmiとの息はぴったり,
舞台の袖でいつも感動していました。

1000918_10200280966497983_719509564_n.jpg

大学教授としてデンパサールとソロの芸大で
コンテンポラリーダンスを教えながら
アジア,ヨーロッパ各地で踊る貴方は忙しすぎた。


でも,もっと踊りたかったでしょう....SURA


今世バリの舞踊家として生まれた貴方の魂は、
鍛え抜かれしなやかなその肉体を離れ,
ロンタル椰子のガンバンと
火葬の儀式のアンクルンの旋律に誘われ,
天に向かって踊りながら昇って行かれた...

貴方に出会えた事を感謝します。
すばらしいパフォーマンスでした。
ありがとうございました。

Ayu Laksmi のオリジナル曲
MAHA ASA (Big Dream)



Slamat Jalan...SURA
合掌
サヌールタラ





Ardiansyah

Ardiansyahは、11才でデビュー♪
お父さんはサックスとフルートの演奏者でした。
日本では藤圭子が夢は夜開くと歌っていた時代です。



学校よりも音楽、進むべき道は一つ!
サックスとフルートを持って
インドネシア各地で腕を磨きました。
偏食、わがまま、
ロマンチスト、繊細。
なんでこんなにも不器用なのかと思う生き方を
最後まで貫かれ、
42年の演奏者生活を終えました(享年53才)
具合が悪いと緊急入院した病室で
冗談も話す様子だったそうですが
その日の夕方、最愛のANIママにみとられ旅立たれました。

2回、仕事にドカンと大穴いただきました。

即座に貴方の仲間達が
演奏者を探してくれました。
皆、貴方の繊細さを良く知っていて、
右往左往する私を助けてくれたのですね。

third-33.jpg



2009年サヌールヴィレッジフェステイバル
8月12日は誕生日でしたね。
Jsmineに踊ってもらいました。

Ayu LaksmiにはSura,
俺にはJasmineだと
貴方は上機嫌でした。



豊かで繊細な感性を持つアーテイスト、
Ardiansyahのそれは薄皮のようにデリケート、
様々な荒波に鍛えられ波打ち、
硬質の険しい部分をあわせもつものでした。

私は貴方のお手伝いをできませんでした。
もっと知恵があったら、
もっとファイトがあったら、
もっと、もっと.....
そこに至らなかった己を深く恥じています。

Ardiansyahの家のテラスで
ANIママと一緒に果物をつまみに
飲みながら過ごした時を思い出します。
落ち込んだ私をだれよりも早く観て、
Aniママと一緒に寄り添ってくれた貴方を思い出します。

きっと貴方とまた会えると思っているのです。
そのときは、
私は歌を歌う人かも知れません。
踊る人かもしれません。
ギターを弾く人かもしれません。
もっと上手なプロデユーサーであるかもしれません。
そうありたいと思っています。

Ardiansyah

貴方と出会えたこと、深く感謝します。
Terimakasih Ardiansyah...

サヌールタラ

まことの花をさかせましょう♪ イブ ブラン

Ibu Bulan Trisna Djelantik

532847_10150801079938603_1153084503_n_20120709213046.jpg

イブ ブランは1年半前再婚
・・・年齢ですか? 
65〜70歳の間だそうですW
もちろんお孫さんもいます。

2008年インドネシア映画が
東京国際映画際のコンペテイションにでて、
Ayu Laksmiが
主演女優賞にノミネートされたと聞き
バリの映画館に見に行きました。

20081022-20081022-DSC_0027_20120709213419.jpg

イブブランは女医の役で、若かりし頃、
インドネシアの文化使節として
世界各地でかける大統領に同行し
踊ったという設定ですが事実です。

2121_45364223602_3213_n.jpg

懐かしく当時を振り返るシーンでは、
昭和天皇とご一緒のお写真が映し出されました。



それから時が流れ。。。
2011年のアートフェステイバル。
Cok Sawitiriが演出したAyu Laksmiのパフォーマンスで
バリ舞踊のレゴンダンスをベース創作舞踊を踊られました。
その見事な踊りに魅了されました。

Cokの母方の親族であり、
カランガッサム王家の出身、
世が世ならお姫様・・・
まあそうなるとCokも姫となりますが・・・

踊り手として活躍後、
医学を学び医師として働き
今はバリ島サヌールで再婚して暮らしておられるとのこと。

2121_45363913602_6640_n.jpg

フーかっこいい

7月7日、
3人の女性舞踊家が踊ることになり、
初めて間近で踊りの稽古、本番の舞踊を拝見し、
色々お話を聞くことができました。

553970_10151902268740052_90541234_n_20120709213044.jpg

踊りはね、私にとってoxygen オキシゲン。
えっ、酸素ですか。
さすがお医者さんです。

仮面を使うのは大きな動きではなく
静かで深みのある踊りができるように思えて好きなの

すでにある踊りではなくてね、
こういうふうに創作するのがわくわくする。

544591_3410503185202_1774835930_n.jpg

作家 Cok がいて,
Dayu Aniというもう一人の踊り手がいる。
電話でこのストーリーを聞いてね
お面をみながら考えて、
身体をすこしこうして動かしてね、
そうすると全体が見えてくる

399546_10151902275175052_108199373_n.jpg
548038_10151902270970052_1586849562_n.jpg

それをまた話してね、
あの最後の山はね。
私が彼女にこうしたらどうかって話したのよ。
ふふふ

603382_10151902279730052_1442646189_n.jpg

美しくてかっこいい。
これぞ世阿弥の”まことの花”

衣装を着替えて、
ちょっとスタッフと雑談して
さっそうと車を運転してご主人様と暮らす家にお帰りになられました。

おつかれさまです!

嗚呼
また見たい、イブブランの踊り。

サヌールタラ






ラーマーヤナ物語

インドの古代叙事詩、ラーマーヤナ物語の主役は、
ラーマ王子とシータ姫

5月のAyu Laksmiのパフォーマンス、
ラーマーヤナ物語を使おうと相談中...
ハヌマンという白い猿と、海、そして女性達の祈りがコンセプト。
国際会議が開かれるホテルの大コンベンションルームが舞台です。



お姫様と王子様に扮した Shilla & Dibal です。

お姫様のShillaはグラフィックデザイナー、
3.11のポスターを作ってくれました。

E-FLYER-OK#


王子様のDibalフォトグラファーであり、
Ayu Laksmiパフォーマンス・アートデイレクター
3.11のパフォーマンスから始めました。

Ayu Laksmiの大家族・ファミリーの一員です。
以前から、Ayuの写真を撮り続けている人でもあります。

二人はジャカルタで出会いバリバリ仕事をしていたのですが、
拠点をバリに移しました。
二番目の子供を無事出産し、
ジャカルタよりもクリエイテイブな仕事ができる面白いバリで、
もうすこし仕事の領域を広めたいと
Ayu Laksmiの パフォーマンス企画会社 Dadisiki Pro Bali
ジョインすることになりました。

ideseni blog2

Shillのロゴ、ウエブ、グラフィックデザインは、
アジアの伝統をいい感じでちりばめつつ、
しっかりモダンにまとめる絶妙のセンスを持った人です。

そして、コンセプトを掴んで決してぶれない写真を撮るDibal.

そんな二人の作った、新しいプロモーション用デザインをご紹介します。

ideseni blog1jpg

彼らの作ってきた作品の一部...

ideseni blog3

彼らのウエブサイト
http://www.ideseni.com/


さあ、これからが楽しみです。


サヌールタラ




| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。